時代を超えてよみがえる巨匠たちのレコード演奏会
(第137回プログラム)


主 催 SP・LPクラシックレコード音楽研究会 代表丹野井松吉
日 時 令和3年10月9日(土)
午後1時から午後6時ごろまで
会 場 東京都千代田区神田神保町2-12-4
エスぺランサ神田神保町III 5階
音pub Westminster house【地図
(地下鉄「神保町駅」4番出口より1分、三菱UFJ銀行ウラの路地)
電 話 03-5825-4682
会 費 音PUB営業チャージ1,000円+飲み物代


演奏家と曲名(括弧内は演奏年)

第2回岩屋島照久 
W・Eコレクション「奇跡の演奏」
-LPでクラシック音楽を-

晴朗なベートーヴェン

  1. ピアノ三重奏曲第1番 
    (アルマ・トリオ)
  2. ピアノ協奏曲第1番  
    (バックハウス/シュミット・イッセルシュテット= ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)
  3. 交響曲第4番     
    (カイルベルト/バンベルグ交響楽団)
  1.    休憩
  1. 七重奏曲 第4楽章~ 
    (パスカル・カルテット団員ほか)
  2. 交響曲第6番「田園」 
    (ワルター/コロンビア交響楽団)
  1.    休憩
  1. 弦楽四重奏曲第9番「ラズモフスキー第3番」
    (パガニーニ弦楽四重奏団)
  2. 交響曲第9番「合唱」
    (シュミット・イッセルシュテット/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ほか)

岩屋島照久のコメント
 運命との闘争と勝利をテーマにしたとも言われる「交響曲第五番」など、中期以降の劇的な作品があまりにも有名になったため、暗鬱なイメージもあるベートーヴェン。
 しかし、そのイメージは、20代後半以降の、聴力障害などからの身体の不調に影響された一面があり、むしろ生来の彼の性格は、明朗闊達、自信と力に溢れながらも、優しくウィットにとんだ魅力あふれるものだったではないか。病に苦しむ前の初期、20代中盤までの彼の作品を聴けば、半端な伝記的事実からよりも、それはいっそうダイレクトに、私の心に染み入って来る。
 またそういう力と、さらに魅力を持つ人でなければ、あれだけの内心の苦悩、精神の闘争を勝ち抜いて、偉大な名曲を作曲することは、出来なかったとも言える。
 今回は、ベートーヴェンの、そんな晴朗な面が多く表れた曲と演奏を選んだ。

  1. このピアノ三重奏曲は、作品1の1、20代に入ってすぐの作品。作品番号的にはベートーヴェンのデビュー作。特に一楽章は、晴れやかな喜びに満ちた傑作。アルマ・トリオは、ウィーン出身のピアニスト、アメリカ出身のヴァイオリニスト、ハンガリー出身のチェリストが集まり、1944年に結成された。
  2. この協奏曲第一番は、25歳くらいの時の作品(注・今残る楽譜はその5年後に、改定した版)。バックハウスとウィーンフィルが、お互いに美音と優しさの限りを尽して、お互い寄り添う感のある素晴らしい演奏。分けても第一ヴァイオリンのニュアンス!これはこのオケでないと聞けないのではないか。
  3. 闘争局面でない時には、中期でもベートーヴェンは優しく快活な曲を書いた。交響曲第4番は、30代前半の曲。ムラヴィンスキーの旧版(1949年)の初々しさも忘れられないが、今回はカイルベルトの演奏を聴きたくなった。聞けば聞くほど、魂がきれいになる感がある清明な演奏である。
  4. 彼が30代直前に完成した七重奏曲も、初期の匂いが濃厚な、幸せに満ちた楽しい曲。発表当時は、大人気だったと言う。パスカル・カルテットの第一ヴァイオリン、名手ジャック・デュモンの腕が冴えわたるこのレコードで聞いてみたい。
  5. ベートーヴェンの交響曲ベスト1は、私はこの曲。特に5楽章。天界で、愛する人と永遠にワルツを踊り続けているような、この優しさと高雅さ!彼のヴァイオリン協奏曲・3楽章のみがこの境地に匹敵しよう。あまりにも有名なこの演奏で聞いてみる。30代半ばの作曲。
  6. 「田園」交響曲とだいたい同じころ作曲されたこの曲も、中期の代表作の一つでありながら、初期の作品に似た、喜びに満ちた作品である。これも名手アンリ・テミアンカ率いる素晴らしい演奏を聴かせるパガニーニ・カルテットは、1946年に結成されたカルテット。白熱し、高揚する素晴らしい演奏だ。
  7. 後期の代表作「第9」だが、ここでは、指揮者とオーケストラとの奇跡的なマッチングがあり、作曲家の中・後期の迫力と闘争心を十分に表出しつつも、初期の優しさと晴朗さが併せて聞き取れる、まれにみる美演が誕生している。これほど晴朗で喜びに満ちた演奏を聴くのは、なんという幸せか。

音pub Westminster house
神田神保町の新店舗地図

東京都千代田区神田神保町2-12-4

エスぺランサ神田神保町III 5階(旧オクムラビル跡)
地下鉄「神保町駅」4番出口より1分、三菱UFJ銀行ウラの路地

もどる

ページトップ