時代を超えてよみがえる巨匠たちのレコード演奏会
(第107回プログラム)


主 催 SP・LPクラシックレコード音楽研究会 代表丹野井松吉
日 時 令和2年12月26日(土)
午後1時から午後7時ごろまで
会 場 会場が変わりました。新会場は、
東京都千代田区神田神保町2-12-4
エスぺランサ神田神保町III 5階
音pub Westminster house
地図
(地下鉄「神保町駅」4番出口より1分、三菱UFJ銀行ウラの路地)
電 話 03-5825-4682
会 費 1,000円(飲み物代は別料金です)


曲目と演奏(括弧内は演奏年)

  1. モーツアルト
    1. (1)ピアノソナタ第8番イ短調K310
         シュナーベル(1939)
    2. (2)ピアノ協奏曲第20番ニ短調K466
         シュナーベル、ザスキント、
         フィルハーモニア(1948)
    3. (3)ピアノ四重奏曲第1番ト短調K478
         シュナーベル、プロアルテ四重奏団員(1934)
    4. (4)ピアノ協奏曲第24番ハ短調K491
         シュナーベル、ザスキント、
         フィルハーモニア(1948)
    5. (5)ピアノソナタ第16番変ロ長調K570
         (1939)
         シュナーベル(1948)
  2. ベートーヴェン
    1. (1)交響曲第3番変ホ長調OP55(英雄)
         フリッチャイ、ベルリン(1958)
    2. (2)交響曲第5番ハ短調OP67(運命)  
         フリッチャイ、ベルリン(1961)
    3. (3)チェロソナタ第3番イ長調OP69
         フルニエ、シュナーベル(1947)
    4. (4)チェロソナタ第5番ニ長調OP102-2
         フルニエ、シュナーベル(1948)
    5. (5)ピアノソナタ第30番ホ長調OP109
         シュナーベル(1932)
    6. (6)ピアノソナタ第32番ハ短調OP111
         シュナーベル(1932)
    7. (7) 交響曲第9番ニ短調OP125(合唱)
         フリッチャイ、ゼーフリート、フォレスター、
         へフリガー、フィッシャー・ディースカウ、
         ベルリン、(1957・1958)

丹野井松吉のコメント

 アルトゥル・シュナーベル(1882-1951)の演奏会デビューは、少年時代、モーツアルトのピアノ協奏曲第20番であった。シュナーベルのモーツアルトは、作曲家の日常、非日常の心の深奥の微妙な変化を率直に表現し、内面的な、ベートーヴェン的なモーツアルトであるが、そこには、モーツアルト自身の全てがあるような気がしてならない。ブラームスは、尋ねてきたシュナーベルのピアノを聴いて、この子は神童だといったという。
 シュナーベルは、SP時代のベートーヴェン解釈において第一人者の名声を博してていたが、まさにベートーヴェン後期のピアノソナタ等は、哲学的、宇宙的表現であり、我々を時として彼岸の世界へ連れ出すが、それでいて日常的な現実感覚も見失わない。けだし、それこそが後期のベートーヴェンの世界でもある。若きフルニエとの共演、一見チェロ伴奏つきのピアノソナタかとも感じてしまうが、フルニエの若々しい情熱の噴出は、カザルスとはべつの意味で素晴らしい。
 フェレンツ・フリッチャイ(1914-1963)は、ハンガリーブタペストの出身、学生時代、ハンガリー音楽院でバルトークに師事し、大きな影響を受けた。後年、バルトークの音楽を、緩序楽章は「この世ならぬ響きの世界」と言い、絶望の音楽、来るべきものへの不安と恐れの音楽であり、大地の内部から響いて来る威嚇するようなうめき声、人間とはいかに哀れなものであるかと言った印象を与えずにはおかない、そして終楽章は、雄雄しい力強さと生の喜びの感覚であると言っている。バルトークもフリッチャイも、戦争と人間の死に直面せざるを得ない時代に生き、個人的にも病に侵され、死の恐怖に立ち向かわざるを得なかった。
 1950年代の後半、癌の告知を受けた後のフリッチャイの音楽は、テンポはますますゆっくりとなり、特に、ベートーヴェンの交響曲では、輝きと明るさが異常なほどに増して、この世ならぬ不滅の響きの音楽となっている。それは、足早な死を前に作曲されたモーツアルトの「レクイエム」のようでもある

音pub Westminster house
神田神保町の新店舗地図

東京都千代田区神田神保町2-12-4

エスぺランサ神田神保町III 5階(旧オクムラビル跡)
地下鉄「神保町駅」4番出口より1分、三菱UFJ銀行ウラの路地

もどる

ページトップ