時代を超えてよみがえる巨匠たちのレコード演奏会

第105回 音pub Westminster house
神田神保町新店舗移転記念プログラム


主 催 SP・LPクラシックレコード音楽研究会 代表丹野井松吉
日 時 令和2年10月31日(土)
午後1時から午後8時ごろまで
会 場 会場が変わりました。新会場は、
東京都千代田区神田神保町2-12-4
エスぺランサ神田神保町III 5階
音pub Westminster house
地図
(地下鉄「神保町駅」4番出口より1分、三菱UFJ銀行ウラの路地)
電 話 03-5825-4682
会 費 1,000円(飲み物代は別料金です)


曲目と演奏(括弧内は演奏年)

  1. フルトヴェングラー、バイロイト祝祭
    ワーグナー、楽劇マイスタージンガー前奏曲、
    第3幕への序曲(1943)
  2. リヒテル、ザンテルリンク、ソヴィエト国立
    バッハ、ピアノ協奏曲第1番ニ短調(1956)
  3. シゲティ
    バッハ、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番
    ニ短調より、アルマンドとシャコンヌ(1959)
  4. カザルス、マールボロ
    モーツアルト、交響曲第35番ニ長調K385
    (ハフナー)
  5. フルトヴェングラー、シェピ、シュワルツコップ、デルモータ、グリュンマー、エーデルマン、ウイーンフィル、ザルツブルグ音楽祭(1953)
    モーツアルト、歌劇「ドン・ジョバンニ)より、
    放送イントラ、序曲,決闘、終曲
  6. バックハウス
    ベートーヴェン、ピアノソナタ第23番へ短調「熱情」
    (1952)
  7. オイストラフ、エールリンク、ストックフォルム祝祭
    ベートーヴェン、ヴァイオリン協奏曲ニ長調OP61(1954)
  8. フルトヴェングラー、ベルリン
    ベートーヴェン、エグモンド序曲OP84,
    交響曲第5番ハ短調OP67(1947)
  9. トスカニーニ、NBC、マーシャル、メリマン、
    コンレイ、ハインズ、ロバートショウ
    ベートーヴェン、ミサ・ソレムニスOP123より、
    キリエ、サンクトス、アニュス・デイ(1953)
  10. フィッシヤー・ディースカウ、ムーア
    シューベルト歌曲、魔王、菩提樹、水の上で歌う、
    彼女の絵姿、都会、浜辺にて、影法師(1972)
  11. ブッシュ、ゼルキン
    シューベルト、幻想曲ハ長調D934(1931)
  12. フルトヴェングラー、ハンブルグ
    ブラームス、交響曲第1番ハ短調OP68(1951)
  13. ワルター、ウイーン、クールマン、トルボルク
    マーラー「大地の歌」より、第1曲と終曲(1936)

丹野井松吉のコメント

 今回は、音pub Westminster houseの新店舗移転を記念して、約3年のSP・LPクラシックレコード音楽研究会のコンサートを俯瞰する演奏家と曲目を取り上げました。
現在、コロナ禍の中で、デジタル促進やテレワークが推進されていますが、研究会は、時代を60年、80年あるいはスペイン風邪が猛威を振るった100年前に遡り、アナログクラシック音楽芸術とは何か、人間の価値と尊厳は何かを常に問い直す極北からの光源でありたいと願っています。
 クラシック音楽バー「音pub Westminster house」も、10月30日(金)から、平日17時より23時まで営業、愛聴盤の試聴とリクエストもお受けしています。

 なお、研究会は、本年7月、神奈川県大磯町在住の上村次郎氏から、イタリア、ドイツオペラをはじめとする膨大なレコードとCDの寄贈を受けました。上村氏は、戦後大手商社マンとして、海外出張、駐在も長く、アメリカのメトロポリタン歌劇場始め、ヨーロッパの歌劇場で、往時の名歌手や巨匠の生演奏に接し、折につけて購入されたコレクションは、100年前から20年前におよぶ声楽家、演奏家をはじめ近年の邦人演奏家のLP・CD多数あり、今後の研究会の活動におおいに役立つものばかりであります。ここに御礼をかねて報告といたします。

音pub Westminster house
神田神保町の新店舗地図

東京都千代田区神田神保町2-12-4

エスぺランサ神田神保町III 5階(旧オクムラビル跡)
地下鉄「神保町駅」4番出口より1分、三菱UFJ銀行ウラの路地

もどる

ページトップ