時代を超えてよみがえる巨匠たちのレコード演奏会
(第101回プログラム)


主 催 SP・LPクラシックレコード音楽研究会 代表丹野井松吉
レコード演奏家 会員岩屋島照久
日 時 令和2年7月11日(土)
午後1時から午後6時半ごろまで
会 場 音pub Westminster house(電話 090-3345-2124)
東京都台東区蔵前三丁目17番4号 蔵前妙見屋ビル4階
地下鉄大江戸線蔵前駅下車2分、寿三丁目交差点1階花屋
会 費 1,000円


曲目と演奏

〜モーツアルト~
(1756-1791)

  1. 弦楽四重奏曲第14番K.387
    ブリュッセル弦楽四重奏団
  2. 弦楽四重奏曲第20番K.499
    ジュリアード弦楽四重奏団
  3. 弦楽四重奏曲第23番K.590「プロシャ王第3番」
    ジュリアード弦楽四重奏団
  4. フルート四重奏曲第一番K.285
    ハンス・レズニチェック(フルート)
    ウィーンコンチェルトハウス弦楽四重奏団員
  5. オーボエ四重奏曲K.370
    ピエール・ピエルロ(オーボエ)
    パスキエ四重奏団
  6. クラリネット五重奏曲K.581
    アンサンブル・タッシ
  7. 弦楽五重奏曲K.515
    ウルブリッヒ弦楽四重奏団
    ヨアヒム・ウルブリヒト(第二ビオラ)
  8. 弦楽五重奏曲K.516
    グリラー弦楽四重奏団
    マックス・ギルバート(第二ビオラ)
  9. ディベルティメントK.334
    デトモルト・ティボール=ヴァルガ室内管弦楽団
    ティボール・ヴァルガ(指揮&ヴァイオリン)

*曲間に、適宜ピアノ曲の抜粋を入れます。


岩屋島照久会員のコメント

[曲・演奏について]
いずれも、モーツァルトの天衣無縫な名品。
演奏も、結果的に、重みの少ない、しかしはっきり、くっきりしたものが多くなった。いずれも大変気に入っている。
暑い夏の中で、モーツァルトの音楽が、この研究室のシステムで、どれほどの力を出すか、楽しみだ。

もどる

ページトップ